いどもとひろみさんのご紹介

井戸本 広美さんは、アクセサリー職人としてespacioを主宰されています。
幼い頃より、物作りが大好きで、アクセサリーメーカーで、15年間製作をされてきましたが、景気の悪化で東京オフィスがクローズ。その際に退職、ご自身のブランド「espacio」を立ち上げ、女性を美しく魅せるアクセサリーの製作を開始されました。現在は、ネットショップ「espacio」にて、Tierraシリーズピアス販売、BAR +eにて、マスクチャーム販売もされています。
espacioを立ち上げたきっかけは、【私が着けたいアクセサリーが欲しい!それなら、自分自身で作ればいい!】と思われたから。
このespacioという名前は、スペイン語の「空間」
この空間は、わたしの世界で、ご自身のアイデアがいっぱい詰まっている空間 とう意味が込められています。

ただいま、日本刺繍作家「彩葉針」主宰 田中京子さんと、コラボアクセサリーを制作中!
日本刺繍の美しさを届けたい!と熱く語っていらっしゃいました。
素顔のひろみさんの印象は、底抜けに明るい関西人(笑)という印象。
お話ししている時の表情がくるくる変わるのがとても楽しい方。
返事のタイミングなどが絶妙で、話のテンポは、さすが関西人!とついつい笑みが溢れます。
ご家族について伺ったら、
「最近仲良しの夫と大学生と社会人の息子、ミニチュアダックスの女の子がいます」
最近仲良しの夫って… と、この返答にも笑ってしまいました。
趣味は、手芸で、編み物とか、ちょこちょこ手を動かすのが大好きとのこと。

今回販売させていただく【6way マスクチャーム】は、マスクの時代が終わっても、色々使いまわせるものを
と、ひろみさんが知恵を絞って考え抜いてくださった商品。
こんな時代が終わったら、ネックレスやブレスレットやグラスチェーンとして使って、
不自由だったマスク生活を忘れて楽しみましょう!という、ひろみさんのお人柄が出ている楽しい商品です。
是非お楽しみください。

いどもとひろみさんのInstagramはこちらから
https://www.instagram.com/himihime_espacio/

関連記事