伏野 理恵さんのご紹介

いくつになっても「おしゃれ」でいたいすべての女性のために、流行をとりいれつつ、一過性に終わらない、長く愛着のわく逸品をつくりたい、身に着けることで、いつも輝いていられる、Happyな気持ちになれる、やさしくなれる、そんな願いをこめてバッグをつくりたいと熱く語る理恵さんは、老舗バッグブランド・ハマノ、高級毛皮ブランド・エンバを経て、横浜元町キタムラにて、チーフデザイナーを勤めたのち、独立。2003年、自らのバッグブランド、Rie Milanoを立ち上げた方。

日々生活する中で、毎日使うお財布やバッグのちょっとした使いづらさというのは意外とストレスになるものです。豊富な経験をもとに、そういったストレスを解消したいと、自らデザインをして制作するアイテムは、触っていて思わず微笑んでしまうような手触りと形のものばかり。

そんな細やかな物づくりをする方ですが、ご本人は意外と豪快(すみません 笑)もちろん細やかな方なのですが、好き嫌いがはっきりしていて、女性のねっとりした部分を1ミリも感じさせない、サバサバとしたお人柄。お話ししていて楽しくなってしまいまい、すぐにお友達になりたくなる方です。

バッグやお財布だけでなく、毛皮製品にも定評がある理恵さんのブランドはこちらから。
http://www.manodamana.jp  

関連記事