内藤 千恵さんのご紹介

 ある年齢になると、年を取ることは女性にとっては諦めと悲しさをもたらすこともあります。でも、千恵さんに会うと「年を取るのは素敵なことだ!」と素直に思えます。専業主婦から40代になって仕事を再開。仲間とジュエリー会社を立ち上げ、今では銀座サロンの責任者に。お客様一人一人の要望を聞いたオリジナルジュエリーを提供しています。その人の魅力と好みを的確に見分けて、素敵なジュエリーをご提案していくのですが、宝石やジュエリーの魅力を彼女が語ると、そのジュエリーを買えば幸せになれるような気さえしてきます。言葉の使い方や話し方が人とはちょっと違う、これぞカリスマ。
         
 長身でスタイル抜群、おしゃれも大好き、落語や俳句も嗜む知的な一面を持ちながら、共同トイレで5人も座ればいっぱいになるような場末の(ごめんなさい)居酒屋も大好き。どこに行ってもお店の人やお客様に話しかけ、すぐに仲良しになってしまいます。千恵さんは人を愛し、人に愛される素敵な女性です。今は初孫に夢中。おばあちゃまとは思えないバイタリティ溢れる千恵さん。
 Knock Knock Japanを立ち上げた時から、「立ち上げから関われるなんて、なんて幸せ!」と無償の愛でお手伝いしてくれています。まさに愛でいっぱいの人です。愛がこぼれ落ちるようなトークを楽しんでいただけると思います。        
 千恵さんのサロンはこちらから。
http://shop.bene-bene.com/fs/rosecut/c/ginza_salon  
私が「千恵語」と呼んでいる独特の書き言葉を楽しめるブログを是非チェックしてみてください!

関連記事